カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

一気にだだ漏れる,Canon「EOS R5」情報!〜SONY真っ青! 8K動画を21分問題なく録画できる〜

一気にだだ漏れてきました…R5情報

 7月9日に迫った「EOS R5」の発表。 

 これまで,Canonが公開していた以外は殆ど出回らなかったその情報ですが,ここに来て一気に「ダダ漏れ」状態になってきました。本体だけではなく,同時に登場すると言われているレンズ情報まで…。

 先日はその「製品版のボディー画像」をご紹介しましたが,今回はR5のキモともいえる「動画」関連についての情報です。

 R5では,「8K 30Pの動画を21分間問題なく撮影」できる!

f:id:es60:20200706175808j:plain


8K撮影でも発熱問題は発生せず!

 記事によると,

〇512GB のCFExpress カードで21分の8K RAW の録画が可能
〇 8K30p,4K120pでクロップ無し
〇両方のカードに同時録画はできない
〇20分の8K RAW の連続録画でも発熱の問題は全くない

とのことです。

 この記事では,R5の動画メニューの画像も提供されています。

f:id:es60:20200706174034j:plain

 しっかりと「8K」「21分」「RAW」という文字が確認できますね。
 R5の動画情報が登場したときに,真っ先に疑問視されたのが,この「8K動画」の信憑性でした。

・この小さな筐体で,発熱問題は解決できないのでは?
・8Kクロップ無しなんて,無理な話では?
・こんなことができたら,数百万円する動画撮影用カメラの立つ瀬が無い…
・こんなの出たら,SONYはどうなっちゃうの?
・もし出るとしても,70〜80万円はするんじゃない?   等々…。

 しかし,専用カメラさながらの動画撮影がミラーレス一眼でどうやらできるようになりそうですし,価格も50万円を切るのでは…とする予測が強まっています。
 このままのスペックで出るとすれば,正に「歴史を動かす」カメラになるかもしれません。

 

対応カードも超高額!

 しかし…。
 当然記録媒体も選ぶわけで…。

 512GBのCFExpressカードは必須となりそうですね。
 SanDisk (サンディスク) ExtremePRO CFexpressカード TypeB 512GB SDCFE-512G-JN4INは,以下のような値段。

 このモデルは,「EOS 1DX Mark III」での動作が確認されているそうですが,もうひとつ別の型番は更に高額になっています。こちらはNikonも動作保証しているようですが…。

 本格的な動画撮影をしたいのなら,これらの出費は必須となりそうです。どのカードが対応になるか分かりませんので,慌てて購入もできませんが,「EOS 1DX Mark III」が動作するのであれば,お安い方でも大丈夫かな?

 当初はR5本体の流通量も少なそうですし,実際に試してみるのには,かなり高い壁がありそうです。