カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple SiliconがIntelを凌駕するときが来る?〜IntelもARMチップを製造することになるのか…〜

Apple SiliconはIntelのARM化を促す?

 本ブログでは,これまでApple Siliconに関して,「Macにおける大変革期」という意識の元に様々な情報をお届けしてきました。 

 「MacがIntelを卒業する」ということが,単なるCPUチップの換装というだけではなく,OSやアプリ関連,ひいては接続機器にまで影響を及ぼすほどの大事だからです。

 しかし今回,「Mac側」「Apple側」という話ではなく,IntelやWindowsPCまで巻き込むような記事を見かけました。
 Apple Siliconが高性能なら,IntelもARMチップを製造するようになる?

f:id:es60:20200623184204j:plain

 

Apple SiliconがIntelを飲み込む可能性…

 記事によると,

元Mac開発責任者がハイエンドのWindows PCでも同様の変革が起こることは避けられず,インテルもWindows用に独自のArm CPUの開発を余儀なくされるとの意見を発表した

とのことです。

 もし今後,Apple Siliconによって「省電力」「高性能」というARMチップのよさがクローズアップされるとともに,これまでIntel製CPUでこなしてきた事柄がARMチップでも何不自由なく動作可能なのであれば,確かにIntel製チップにこだわる必要は無くなります。
 むしろ,内部の高精細化はARMチップの方が進んでおり,特にIntelはなかなか高精細化が進まない状況が続いていることを考えると,「伸び代」に関してもARMチップに軍配が上がるような状況になってきている…と言えるかもしれません

f:id:es60:20200705091114p:plain

 加えて,これまでの「CPU + GPU」という,他業種とのコラボで成り立っていた制御の面においても,ARMチップでは1社独占が可能。
 これ,どう考えてもApple側が有利ですよね。
 Apple製「Aチップ」は,これまでもモバイル界においてはダントツの性能を維持してきましたし,PCに搭載できるほどの高性能を声高に訴えられるのは,現状Apple Siliconだけでしょう。
 今後IntelがARMチップの製造を開始するとして,果たしてAppleに追いつくのに何年かかるのか…。いや,果たして追いつくことができるのか…?

 もし…。
 全てのPCがARM化されるような事態にでも進もうものなら,Apple Siliconが世界を席巻する…なんてことがありうるのかもしれません。

 

Intelの対抗策を見てみたい!

 しかし,まさかIntelも,Appleの戦略をただ指を咥えて見ているばかりではないでしょう。Apple Siliconのよさを上回る魅力的なシステムを開発したり,ARMベースでは辿り着けない高性能の領域にまでインテル製チップを押し上げたりと,多様な対抗策を模索していることでしょう。

 これまでは,「Windows vs Mac」というくくりで見ていた世界が,「OS」「CPU」という2つの見地から再構成されようとしているのかもしれません。
 ひょっとしたら,近い将来「Apple Silicon機 vs WindowsARM機のパフォーマンス対決!」などという比較記事が誕生するようになるのかも…。

 尚,以下の記事も大変参考になりました。

f:id:es60:20200714202818p:plain