カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Apple Silicon採用後も,「Mac Pro」はAMDのGPUを採用する?〜Apple純正GPUの現在位置を考える〜

「AppleSilicon Mac」の謎が少しずつ解けていく…

 Apple Siliconの登場により,今年の秋はiPhoneよりもMacに注目…ということで,本ブログでは「Mac史上の歴史的転換点」と捉えてきました。

 その中でも未だはっきりしていない部分も多く,不安を感じてきたのが,「iMac27インチ」「iMac Pro」「Mac Pro」というハイスペックデスクトップ機の動向です。

 恐らくは,「A14」をベースとしながら,MacBook系に転用するような戦略は,Aチップのスペックからしても可能になっているのでしょう。これについては以前の記事で触れました。 

 しかし,現在AMDのGPUに頼っているハイスペック機に関しては,見通せない部分が多く,
「本当にApple Silicon化できるのか?」
と感じていたのです。
 ところが,これに関しても,先日の「Apple独自GPU開発」の記事で一気に霧が晴れることに…。 

 つまりは,Appleは全てSoCチップ単独で動作させようとしているのではなく,「独自のGPUとの組み合わせで考えている」ということが分かってきたのです。
 これで,ハイスペックデスクトップ機でのパフォーマンスにも道筋が見えてきました。

 あとは,
「iMac27インチ程度であればそれで間に合うかもしれないが,iMac ProやMac Proのような超ハイスペック機でも,AppleGPUで制御できるのか?」
という問題です。

 さすがに「新規参入」とも言えるAppleのGPUが,これまでのAMDの超ハイスペックGPUにいきなり追いつくとは思えませんでしたので…。

 そんな中,ひとつの道筋が見える記事が来ています。
 「Mac Pro」はAMDのGPUを採用し続ける?

 

「iMac Pro」もじゃないの?

 記事によると,

Appleが,2021年後半に発売予定の新型iMac向けのオリジナルGPU,「コードネーム:Lifuka」を開発中と噂されているが,Mac Pro用のGPUはAMD製を継続するとNotebookcheckが伝えている

とのことです。

 「コードネーム:Lifuka」に関しては,上掲「9/16の記事」で既出です。この中で紹介した表がこちらですね。

f:id:es60:20200908175649j:plain

 つまり,現状のMacBookPro13インチまでの外部GPU非搭載機に関してはSoCチップでまかない,その他の外部GPUモデルはApple純正のGPUを搭載することを基本とするものの,規格外のパワーをもつMac Pro級のパワーを供給するまでには至らない…ということなのでしょう。

f:id:es60:20200908181254j:plain

 まあ,Mac Proに搭載されるGPUは,中級モデル以上は正にモンスターともいえる性能と価格ですので,なかなか新参のAppleが辿り着けるような領域ではない…ということなのかもしれません。

 しかし,これで逆に「Apple Silicon」の限界や立ち位置のようなものが見えてきました。
 規格外のパワーを持つまでには至っていないが,一般的に「ハイスペック」と呼ばれるようなモデルに関しては十分にまかなえる…と踏んでいるのでしょう。

 でも…。
 それで行くなら,iMac ProもAppleGPUではまかなえないような感を受けますが…?
 本当に「Mac Pro」だけなのかな?

f:id:es60:20200908181615p:plain

 

新たな問題は…

 「道筋」は見えてきましたが,今度は,「Apple SiliconとAMDGPUチップとの相性」ということで,問題が出てくる可能性が十分ありそうです。

 現在のIntelMacにおいても,「GPU」との相性問題は,Appleの致命的な弱点です。
 数年前のMacBookPro15インチの外部GPUの問題,最近では新型iMacにおける特定のGPUでの描写問題など,頻繁に問題が発生していますね。

 CPUが「Apple Silicon」に変わるということは,もしAMDのGPUを使い続けるとしても,恐らく相当の数の重大な問題が発生するものと覚悟しておく必要がありそう。
 安心して使えるかどうか,今回ばかりはしばらく様子を見てからの購入が「吉」かもしれません。

 「Apple Silicon + AppleGPU」との組み合わせだって,最初から順調に動作するとは思え内くらいですので…。