カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone13 Proのリアカメラ部はここまで巨大化する!〜横幅の半分以上がレンズで覆われる〜

f:id:es60:20210707182434p:plain

やはり… iPhone13 Proのリアカメラ部が巨大化!

 以前から、
「iPhone13シリーズでは、リアカメがこれまでよりも大きくなる…」
という情報がありました。 

 iPhone11 Proのリアカメが現行のトリプルレンズになった際には、「タピオカレンズ」とも揶揄されましたし、某アニメに登場するロボットに似ている…という声も上がりましたね。

f:id:es60:20210707180300j:plain

 しかし…。
 人間の慣れとは恐ろしいものです。あれほど違和感があった3眼レンズにももうすっかり慣れてしまいました。

 そして、今回のiPhone13 Proのリアカメ情報です。
 これにも我々は慣れていくのかな…?


サイズ拡大は何を意味する?

 記事によると、

リーカーのDuanRui氏(@duanrui1205)がTwitterに、iPhone13 Pro Max用のものとするケースをiPhone12 Pro Maxに装着した画像を投稿した

ということです。

 その画像がこちら。

f:id:es60:20210707180808j:plain

 iPhone本体はiPhone12 Pro Maxであるわけですが、そのリアカメ部の下側、右側に、大きく隙間が空いたiPhone13 Pro Max用のものとするケースを装着しています。

 いや〜、かなりデカいです!
 横幅の半分以上がカメラ部で占められるということの異様さがよく伝わってくる画像ですね。

 また、DuanRui氏は、iPhone13 Pro Maxのリアカメラ部分の各部寸法が記載された図面を公開しているとのこと。

f:id:es60:20210707181236j:plain

 ここから分かるのは、単純に「縦・横」の幅が広がるだけではなく、「厚さ」も増加することになっています。

 デザイン以上に、このサイズ拡大の理由を考えて見ることが重要なのかもしれません。
 以前は、
「12→13のアップデートにおいて、カメラ性能においては、特段大きな進歩はない」
とする説が有力でした。

 しかし、これ程までにサイズが変わってくるとなると、何らかの部分での性能向上を期待してしまいますね。

 

オートフォーカスだけ?

 記事内では、
「超広角カメラにはオートフォーカス機構が搭載される」
というミンチー・クオ氏の意見が紹介されています。

 しかし…。
 それだけでこんなにサイズが大きくなるものでしょうか?
 レンズの大きさや明るさ等、もっと根本的部分でのアップデートがなされる可能性はないのでしょうかね?

 最近では、iPhone13シリーズに採用される新機能・新技術については、ややトーンダウンした感を受けます。
 革新的な機能・技術が導入されないのであれば、今回のカメラのように、せめてiPhoneの基本的な部分においてのブラッシュアップを期待したいところです。