カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

魅力満載のMacBookPro2018発表!〜やり口がうまいよね,Apple〜

性能アップが素直に魅力的!

 いつの間にかMacBookProシリーズが一新されており,びっくりしました。

 新しいMacBook,iPadがまもなく発表されるかも…という情報があってそわそわそしていたものの,「Pro」の方は全くのノーマークでした。

f:id:es60:20180714120402j:plain

 まあ,MacBook Pro(Late2016)を使用している身としては,さすがにまだ買い換えとは行かないので,「購入意欲」は湧きませんが,今回のバージョンアップは素直に魅力的です。
 なぜなら,「能力アップ」が具体的に見えるからです。

 あっ,購入意欲が湧かないという理由のひとつに,「Blackmagic eGPU」をポチってしまったからということもありますが…。

 今回のいきなりのバージョンアップは結構意外だったようで,様々なサイトでいつも以上に大々的にMacのことが取り上げられているように感じます。

 

13インチの「クアッドコア(4Core)化」がエグい!

 今回,性能面で特に進化を感じるのは「13インチモデル」ですね。

 なんといってもCPUが第8世代(Coffee Lake)にアップグレードされたことで,「4Core化」されたことが大きい。

 これまで4Coreは,15インチモデルでしか体感できなかったわけですから,それが13インチモデルでも味わえるということで,ようやく「Pro」を名乗れる最低限の力を持つことができたと言えるのでは無いでしょうか,

 これに伴って周波数は下がっているわけですが,恐らく相当パワーアップしているものと考えられます。
 グラフィク性能は相変わらず弱く,15インチモデルに性能面でかなうべくもありませんが,少なくともCPUの面で従来の15インチモデルに近いものを体感できるという喜びは大きいでしょう。

 上記サイトで紹介されている2018年モデルの仕様はこちら。
 上段が13,下段が15インチモデルです。

f:id:es60:20180714120210j:plain

f:id:es60:20180714120223j:plain

 現行機前のMacBookProからの買い換えを検討されている方や,初期現行機の性能に満足させていない方には,非常に魅力的に映る2018モデルとなるはずです。

 

気になるキーボードとディスプレイ

 問題が度々発生していた第2世代バタフライ式キーボード。それが「第3世代」へと進化するようです。

 まずは「音が静かに」なっているとのこと。こちらに関してはどのサイトでも情報が共通しています。まあ,これまでのものは確かにパタパタとした音がありましたが,私は結構気に入っていました。まあ,周囲への配慮ということなのでしようか?

 しかし,下段のサイトの情報では,静音化だけではなく,各キーの周りに「シリコン製の膜」が追加され,異物混入等の対策となっているとのこと。

f:id:es60:20180714121151j:plain

 静音化が先なのか,ゴミ混入への対策が先なのかなどという議論も生まれそうですが,それが結果として問題解決に繋がるのであれば結構なことです。

 しかし,個人的に一番気になるのはその「打ち心地」です。
 個人的には第2世代バタフライ式キーボードの打ち心地,相当気に入っているんですよね。もし第1世代のままだったら,私,MacBook Pro(Late2016)は購入していなかったかもしれません。

 ぜひ「改悪」だけは避けてください!

 

 更に,ディスプレイが,iPadProなどでおなじみの「True Tone」へと進化しているとのこと。
 これまでのRetinaディスプレイでも十分綺麗で不満は全くありませんでしたが,どのような状況下でも忠実な色味を再現してくれるのは,ありがたいことです。

 

 また,これら進化がありながら,「価格据え置き」で購入できることも魅力ですね。Appleのマイナーチェンジは「物足りなさ」をかんじることが多いのですが,今回はその点に関して非常に充実したものになったのではないでしょうか?