カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「廉価版MacBook」と「TouchBar無しMacBookPro」の行方

これは個人的にも大問題だ!

 先日iMacを電撃的に購入し,今後の方針として「iMac+廉価版MacBook」がいいのでは…と考えていることをご報告しました。 

 そう,安価でそこそこ高性能のMacBookが出てくれたら,「2台体制」を維持するためには非常に助かるわけです。

 まだ出てもいない廉価版MacBookのことを考えてニヤニヤしていると,いつも拝見させていただいているサイト「gori.me」さんで,
「なるほど! その手もあるか…」
とうなる記事を見つけました。

 つい先日のMacBookPro改訂の中,唯一手を加えられていないモデル。
 私はg.O.R.iさんとはちょっと違う見方をしているのですが,いずれにせよこの機種の今後が「鍵」になるかもしれませんね。

 

存続か? 発展的継承か? それとも廃版か?

 まず,私はこの不遇な「TouchBar無しMacBookPro」のことを評価しています。装備はシンプルながら性能はそこそこ。そして低価格。

 MacBook Pro(Late2016)TouchBarモデルを購入した私からすれば,「TouchBarは不要」ということを本ブログで何回も主張させていただきました。
 実際私のMacBook Pro(Late2016),TouchBarにFキーを表示させています。有機ELに映し出されるF1〜F12までの文字…。なんてシュール!

 

 さて,g.O.R.iさんは,
「新しいMacBookが,MacBook Pro TouchBar無しモデルと同じボディーを採用して登場するのでは」
と予想なさっています。

 TouchBarの有無,Thunderbolt3ポートの数に差を付け,ボディを共有することで低価格化を推し進める…。

 正にそのための「改訂無し」「現状維持」だったということですね。

 

 一方私は,
・TouchBar無しモデルは存続。→いずれ廃版?
・現行MacBookのような軽量,スリムボディーを採用して新しいMacBookが登場。
・12インチモデルと13.3インチモデルの2モデル展開?
と予想します。
 っていうか,そうあって欲しいという願望が非常に大きいのですが…。

 あっ,もちろんg.O.R.iさんのご意見を否定するとかいう考えは全くありません。斬新なg.O.R.iさんの考えに刺激を受け,様々な意見を出し合えたら楽しいかなっということです。純粋に。

 

薄く,軽量であって欲しい

 私の考えの根拠を…。

①「Proじゃない方」は薄くあって欲しい

 現行MacBookのよさはなんといってもその「薄さ」「軽さ」です。
 まさに「THEモバイル」という称号がぴったり。

 私のような据え置きの「母艦」をもってる者や,Macを常に持ち歩いている方々にとっては,この「薄さ」「軽さ」こそが「正義」となり得るのではないでしょうか?

 これが現行のMacBookProと同じ筐体をとるとなると,厚み,重さという面で,これまでの「軽量モデル」としての売りが消えてしまうのではないでしょうか?

f:id:es60:20180814202754j:plain

 

②コンパクトさも売りに

 MacBookAir全盛の頃は,11インチモデルが存在し,こちらの方を評価する方々も大勢いたようです。
 そして今年になり,Microsoftは「Surface Go」なる「廉価,コンパクト版PC」を登場させました。

 やはり世の中には,それ相応の「コンパクトモデル購買層」が存在するはずです。
 現行MacBookの12インチというサイズ感は,Air11インチを彷彿とさせるサイズ感だったわけです。

f:id:es60:20180814202556j:plain

 とすると,やはり12インチモデルは残すのかなあ…と考えます。
 これに加えて少し大きいサイズの13.3インチ。

 しかし,これまでに漏れている情報の中に,「12インチ」という文言がないんですよね〜。「廉価版13インチ」という言葉だけが踊っていて…。
 そこがちょっと心配…。

 

 さて,どうなりますことやら。
 答え合わせが近いようですね。