カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

私が「iPhoneXR」に惹かれない理由

一番人気になりそうなiPhoneXRですが…

 売れない…。

 実に売れない…。

 9/14に予約が開始され,三連休を過ぎても当日配送が可能な機種があるという記録的不人気なったiPhoneXSシリーズ。

 

 その理由は,
・iPhoneXから代わり映えしない機能・性能
・高すぎる価格
・廉価版?iPhoneXRへの期待

という3点に絞られるでしょう。

 この「不人気」の理由を考えた記事を先日アップしました。
 しかし,私はiPhoneXSを予約しましたし,私にとっては「iPhoneXR」という選択肢はありませんでした。
 そして,その思いはiPhoneXRについての情報が次々とアップされる中でも変わりませんし,むしろ強まってきています。

 今回はそのあたりについて書いていきたいと思います。
 あっ,決してiPhoneXRをディスるつもりはありませんし,購入を考えている方々を揶揄するつもりも毛頭ありません。

 あくまでも「私にとって」という視点です

 

どうしても気になること4点

 私にとってiPhoneXRがどうしても購入対象に見えてこない原因が4つあります。

①6.1インチというサイズ感

 昨年に「6.1インチ液晶」という情報が出てから変わらずにもっている大きな疑問です。

 中途半端なのです。

 欧米人と比べて手の小さい日本人にとって,5.8インチのiPhoneXSが「ギリギリ」片手操作がなんとかなるサイズ感のはず。
 これを超えると「両手使い前提」ということ。

 だとすれば「6.5インチ」に一気に飛んだ方が分かりやすいのでは?

 なぜ「6.1インチ」なのか,未だに理解できない自分がいます。

f:id:es60:20180908121231j:plain

 しかも,かなりショックなことに,この度の改訂で「iPhoneSE」が消えました。

 これ,今後Appleは小さいサイズには戻らないという宣言のように思えてなりません。
 未だにiPhoneSE2待望論の多い中,Appleは新路線に舵を切ったことになります。果たしてそれは正しいことなのか…。
 この6.1インチを見ていると,そんな不安が押し寄せます。

 

②厚めのベゼル

 「6.1インチ」というサイズ感が「使用上」の不都合だとすれば,この厚いベゼルは,「生理的」な問題です。

 この厚みの違い,結構大きいように写真からは感じ取れますし,ベゼルが「黒」ということも影響しているのか,画面だけが異様に「浮き上がっている」ように感じるのです。

 私にとってこの点が「落ち着かない」というか「ムズムズする」というか…。
 恐らく,慣れるとかという問題ではなく,無理なのだと思います。

f:id:es60:20180917135751j:plain

 どうですか? この「黒縁」ぶり。
 まあ,気にならない方からすると「どうでもいい」ということなのでしょうが,一旦気になってしまうとどうしてもそこにばかり目がいってしまう自分がいます。

f:id:es60:20180917135859j:plain

 この写真の右はiPhoneXのようですが,iPhoneXSとデザインは変わらず。
 恐らくiPhoneXSは純正のレザーケースを装着すると,いい感じに黒ベゼルが隠れることでしょう。
 しかしiPhoneXRは…。

 う〜ん,どうしてこんなにも気になってしまうのでしょうか?
 自分でもよく分かりません。

 

③画面(解像度・液晶)

 画面が大きくなったのに解像度が下がる…。

 この点が気になるんですよね。
 これが歴代iPhoneの画面サイズと解像度。

f:id:es60:20180917140450j:plain

 iPhone8Plusと比べてもガクンと下がる解像度で,果たして満足いくのでしょうか?
 人間の目からするとよく分からないものなのでしょうかね?
 だとしたら,iPhone全体がそんなに解像度を上げなくてもいいのでは…と考えてしまう自分がいます。

 このあたりも,XRを「中途半端」と考えてしまう原因になっているのかもしれません。

 

 また,有機ELディスプレイではなく液晶を採用するのであれば,価格をもう少し下げて欲しかった。
 でも,省電力のはずの有機ELモデルよりもiPhoneXRのほうがバッテリーもちがいいというのが解せませんが…。

 

④価格

 トドメはこれです。

 90000円に迫る価格は「ハイエンド機」の証です。

 iPhoneシリーズ全体にいえることですが,やはり高すぎだと考えます。
 当初は「廉価版」という触れ込みだったはずのiPhoneXRがこの値段では,この機種を購入する層からも「高すぎ」という声があふれることになるのではないでしょうか?

 また,話は違いますが,「廉価版」MacBookの値付けも心配。
 あちらも,当初は「10万円切り」という話だったのに,「1200ドル」という値付けの話も聞こえてきています。

 

 Appleの「価格感」,狂ってませんか?

 

はたして「爆発的に」売れるのか?

 果たしてiPhoneXRは「爆発的に」売れるのでしょうか?

 iPhoneXS系の予約状況を見ていると,売れてくれないと,恐らく日本でのiPhone販売台数に「大異変」が起こりそうな予感!

 また,世界規模で見ると,iPhoneXRの販売はどのくらいのシェアを占め,iPhone全体の販売台数はどのくらいになるのか?

 

 例年以上にその「数」が気になる年になりそうです。