カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

う〜ん,Huaweiいいところを突いてくる!「HUAWEI WATCH GT」がAppleWatchを超える可能性は?

話題のHuaweiが提案するSmartWatch

 Apple Watchが先導する形で切り開かれてきたSmartWatchの世界。

 話題にはなりながらも,今ひとつ浸透しているという感はもてません。
 私の身の回りにApple Watchなんて着けている人いませんし…。 

 これは私が住んでいる秋田が田舎だからでしょうか?
 それとも比率でいえばやはり「普及率ぜんぜんまだまだ」というレベルなのでしょうか?

 

 さて,Apple Watchの利点を感じながらも,Apple WatchやAirPodsで最近やたら「健康」を押しつけてくるAppleの考えに,やや窮屈さを感じていることは先日お伝えしました。

 

 また,確かに多機能なのですが,値段も上昇気味。
 Appleの最近の流れからいって,今後もこの傾向が続く可能性大であり,そうなると,なかなか気軽に購入できるものでも無くなりそうです。

 また,肝心の機能に関しても,その全てをまんべんなく必要としている人はかなり少ないはずで,
「もっと機能を削り,価格を抑えて欲しい」
「価格という観点よりも,そもそもよりシンプルであって欲しい」
という考えも当然多いはずです。

 そんな中,今何かと話題のHuaweiから,新たな提案です。
 さて,どんなSmartWatchなのでしょう?

 

Apple Watch −(Wi-Fi,アプリ,音楽)…さあ,どう見る?

 かなり独特の機種のようですね,「HUAWEI WATCH GT」

 というのも,Googleの「WareOS」とは決別し,Huawei独自のOSを搭載している端末のようなのです。

 盤面,機能面は,魅力あふれるものになっています。

f:id:es60:20181201134358j:plain

f:id:es60:20181201134423p:plain

 

 また,独自OSながらも,アクティビティーや心拍数,睡眠などのHealth関連の機能は満載で,Apple Watchにも負けず劣らずの印象です。

f:id:es60:20181201134545j:plain

 

 では,Apple Watchとの違いはというと…。

 まずは,Wi-Fiが搭載されていません。
 これ,ちょっと意外ですね。
 まあ個人的には,私のApple Watchは常にiPhoneXSとのBLUETOOTH接続が原則ですので,Wi-Fiはなくても構わないのかもしれません。

 

 更に…。音楽が聴けません。
 いやいや,これはいけませんね。
 せっかくアクティビティー機能が充実しているのに,運動しながら音楽が聴けない環境…。私の生活環境からすると,これ,致命的マイナスポイントです。

 

 さらに,独自OSということで当然といえば当然なのですが,「外部アプリ」との連携という概念は存在しませんね。
 これも痛い。
 Apple Watchに関しては,外部アプリというよりも,「純正アプリ」との連携が最高の利点を生み出していると考えます。

 個人的には,カレンダー,リマインダー,mail,music等。どのAppleデバイスで情報を入力,変更してもApple Watchで閲覧,通知取得できますので。
 まあ,優れた外部アプリがなかなか出てこないのが大いに不満ではありますが,この「連携」という概念が,残念ながら「HUAWEI WATCH GT」には存在しないようです。

 

Android機使用で束縛を嫌う人向けか?

 となると,この「HUAWEI WATCH GT」はどのような人に向いているのでしょう。

 まず,iPhoneを使用している人であれば,「価格面」以外にこの機種を選択する理由はないように感じます。

 また,スマホとの連携を望むのであれば,WareOS搭載機を狙うべきか?

 そうなると,本機の充実した多様な機能を「本機単独で利用する」場合に,強みを発揮すると言えましょう。

 

 つまり,
「ウエラブル端末としての十分な機能は欲しいが,スマホとの連携でいろいろと縛られるのは嫌だ」
というAndroidユーザーこそ,この端末を狙ってみるべきなのではないでしょうか?

 

 でも,個人的には,もう少し機能を削減して,価格を下げた「Apple Watch light」的なバージョンが欲しいところです。