カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2020iPhoneは「TouchID内蔵ディスプレー」?〜2021年には全面改定の噂…そんなに急ぐ理由はどこに?〜

次第に前倒しされてますが…

 いや〜,「Face ID必要論」を唱える私としては,非常に苦しい展開となっています。
 最近,2020年以降のiPhoneに関して,「Touch ID内蔵ディスプレー」「Face ID」「ノッチ」の三要素の絡みで熱い論争が繰り広げられています。 

 「Touch ID内蔵ディスプレー」が登場すること自体はいいのです。
 問題は「Face ID」の位置づけです。

 iPhoneX登場時に,
「Touch IDよりも安全性が格段に高い」
という理由で採用されたFace ID。
 「ノッチ」という産物を生み出したり,角度やマスク装着によって認識されないという批判の中,Appleがここまで採用してきたFace IDの唯一ともいえるよりどころは「安全性の高さ」でした。

 Appleが何にも増して端末解除時における「安全性」を重要視するのであれば,私はそのAppleの考え方を支持する,というのが私の立場です。
 そりゃ,便利なのはTouch IDですよ。
 私があえてiPadPro10.5インチを整備済品で購入したのも,「Touch ID」「イヤホンジャック」の有益性を認めているからですので。もちろん11インチProが高額すぎる…という理由もありますが…。

 しかし…。
 最近の情報を見聞きしていると,
「AppleはFace IDを手放したくなってきているのでは…」
という疑念が湧いてくるのです。

 Touch ID内蔵ディスプレーの計画を前倒しするような噂がきこえてきているのが,非常に気になります。
 今回も,「2020年にはノッチが消える…」というお話です。

f:id:es60:20190715105004j:plain

 

Face IDを「残すかどうか?」が問題だ!

 いや,前出したとおり,TouchID内蔵ディスプレーの採用は問題ないのです。
 問題なのは,Face IDを残すのか,完全にTouch IDに逆戻りするのか…という点です。

 この記事内の気になる記述はこの部分。

f:id:es60:20190715105147j:plain

 2019年2018年と変化なし。
 本来はノッチ縮小モデルの登場が噂されていたため,私としても意外でした。
 逆に,2019年でもノッチを小さくしないということが,
「Appleはノッチの存在を気にしておらず,Face ID重視の姿勢が変わっていない」
と考える根拠になると捉えていました。

 しかし…。
 記事では2020年に「TouchID内蔵ディスプレー+ノッチレス」モデルを投入するとしています。
 これまでは,2020年モデルで初めて「ノッチ縮小」が施され,Face IDは残るとされていました。つまり,認証方法が「Face ID+Touch ID」のダブル認証方式になると…。

f:id:es60:20190627200409j:plain

 ここで最も重要なのは,
「あくまでもメインの認証方法はFace IDである」
ということです。Touch IDは,マスク等でFace IDが効かない際の補助的な認証方法であるということ。

 ところが,この「Face IDメイン」という記述が最近見当たらなくなっているんですよね…。「Touch ID内蔵ディスプレー採用」という言葉ばかりが踊り,インカメがディスプレイ下に埋め込まれるという説明だけで…。 
 その埋め込まれたインカメが「Face IDカメラ」であることを有力視する記述がないのです。
 つまり,この「2020年TouchID内蔵ディスプレー+ノッチレスモデル」で,「Face ID」が消滅する可能性がある,ということです。

 そして,上記の記事の2021年
 全てのモデルが「Touch ID内蔵ディスプレー」搭載
 当然ノッチは完全消滅です。

 さてさて,このときのFace IDの運命は…?

 

Appleは「安全の優位性」を捨てるのか?

 恐らくは,今後も「安全性」だけを考えると「Face ID」に軍配が上がるのだと思います。

 問題は,
「Appleが安全の優位性を捨ててまで,Touch IDの体制に逆戻りするのか」
という点。

 ユーザビリティやコストの面では,Touch ID内蔵ディスプレーの方が優位なのは分かります。
 しかし,頑固に「安全性」を第1優先として取り組んできたのがAppleだったのではないでしょうか?
 私は多少の使い勝手を犠牲にしても,最も大切なものは譲ろうとしなかったAppleの姿勢が好きでした。当然今後もその姿勢は崩して欲しくありません。

 今後Appleが開発する「Touch ID内蔵ディスプレー」が,Face IDと同等の安全性と確実性を備えているのであれば問題は無いのですが,「指紋認証」という方式をとっている限りは,それは無いでしょう。確率的にいって…。

 もちろん昨今の情報は,単なる噂であって何一つ確定したものではないのは分かります。
 しかし,ことは「認証」に関する問題ですので,モデルチェンジに当たって最優先で決定されるべき端末の概念にあたる部分。
 この部分が決定されてから「技術的」な部分が埋められていくのでしょうから,来年度のモデルに関してはもうすでにその「概念づくり」は進んでいる,もしくは決済されている可能性が高いと思います。

 だからこそ,今の時点で「Face ID」の立場が弱くなっていること自体が気になるのです。

 もう一度いいます。
 理想は,
「Face IDを一義的に考え,Touch IDを補助として盛り込む認証方式」
です。

 あとは,Appleがどれだけ本来の主義主張にこだわり切れるのか…。
 ここで妥協したら,やっぱりAppleの信頼性は下がるなぁ,私個人の中では…。