カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「Anker PowerWave 10 Dual Pad」買ってみた②〜 開封編 大きい筐体,離れたPadに理由あり! 〜

Anchorに最後の望みを託して…

 Anchorが新発売した,2機対応のQi充電Pad「Anker PowerWave 10 Dual Pad」が到着しました。  

 以前からQi充電時の「発熱」に大いなる疑問を感じていましたが,発熱とバッテリーとの関係の記事を見たこともあり,思い切って「3台目」の複数充電Padに挑戦することにした…ということは先日お伝えしました。 

 これまでの2機種に関する心配事は以下の通り。

①充電していない状況下でも,電源に繋がっているだけでPadが熱を帯びている。

②満充電になった後でも充電器の熱が下がらず,結果端末も熱を帯び続けている。

③iPhone以上に,AirPodsなどの小型のデバイスでの発熱量が大きい。

④左右のコイル同士が熱を与え合い,2台同時充電時は発熱量が大きくなる。

 

  どうやら,Qi充電機内のコイルが「犯人」らしいということは分かります。
「充電が終わったら通電をストップして欲しい!」
「左右のPad,コイル同士での熱伝導を軽減して欲しい」
という,この2点さえ解決できれば全てはうまくいくのに…という「解決方法」も分かります。

 問題は,技術的に解決できる問題なのか…ということですね。

 というわけで今回の「Anker PowerWave 10 Dual Pad」です。
 「Anchor」は,充電器やモバイルバッテリー等で非常に評価の高いメーカーですので,
「これでダメだったら,現状のQi充電はそれまで…」
という,最終判断にしたいと考えています。

 さて,今回は開封編。
 パッケージングや筐体の印象から考えたことを書かせていただきます。 

f:id:es60:20190821205413j:plain

 

大きい筐体,離れた左右のPad…これは期待できるかも!

 まずはパッケージングから。

 ANKERは,青と白の非常にシンプルなパッケージングが以前から親しまれているメーカーです。
 シンプルでありながらも,安くさいわけではありません。
 Appleにも通じる,個人的に非常に好感のもてる梱包です。

f:id:es60:20190821205803j:plain

 ちょっと上の画像では分かりづらいのですが,本商品,箱の表面にANKER製品のイラストが凹凸で描き混まれており,大変興味深いデザインとなっています。
 非常にポイントが高いですね〜。
 シンプルな中にもおしゃれ心を忘れないあたり,メーカーの姿勢として好印象です。

 開封すると,取説等の他は,Qi充電器本体と,クイックチャージ対応の充電器と一体化したケーブルの2点のみという構成。

f:id:es60:20190821210343j:plain

 この手のクイックチャージ対応のQi充電器の場合,対応のACアダプタは別売りということが多いのですが,本製品であればそれが不要となります。

 これで満足のいく充電ができるのであれば,非常にコスパが高いということになりますね。

 ところで…。
 この「Anker PowerWave 10 Dual Pad」,筐体は非常に大きいです。
 これまでに使用してきたものと比べてみるとこんな感じ…。

f:id:es60:20190821210842j:plain

 ねっ,結構違うでしょ?
 しかし,これを見ただけでANKERの意図を感じてしまいました。
 Amazonの販売ページにあったこの画像の意味です。

f:id:es60:20190821211009j:plain

 これ,充電時の左右のコイルの熱を互いに伝え合わないように,あえて左右を離したレイアウトになっいるのではないか…?

 だって,真ん中の「ANKER」のロゴが入っているあたりは,AppleWatchが置けるほどの間隔が空いているのです。
 明らかに,これは意図的に開けられた隙間だと考えます。

 と同時に,あえて大きくしたその筐体。
 「熱を籠もらせず,外部に廃熱するため」とは考えすぎでしょうか?

 コンパクト化が常識のこの手のデバイスで,もしこれが意図的に行われているとすれば,もう期待しかありません。

 次回は,実際に試してみた様子をレビューしていきます。
 さて,ある程度満足できる出来になっているのか…。

 それともQi充電の限界が見えるのか? 

★Amazon★