カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

MacBookProに関するトラブル続出!〜過度なモデルチェンジ,バージョンアップが原因では?〜

「安定したMac」は最低条件のはずだが…

 2019年Appleの秋は,「バグとの戦い」であったと言えるかもしれません。「OSのバージョンアップ」のお話…。

 ある意味iPhone,iPad,Macというデバイスよりも力が入っていたとも思われる今年度の各種OS。新機能が増え,OS間の連携が深まり…という革新的な年であったわけですが,反面,iOSのバージョンがが登場直後に「13.1」に更新されたり,純正のアプリの機能がしばらく使えなかったり,バグがなかなか解消されなかったり…と,大きな代償を払ったこともまた事実です。

 常に最先端を競っているiOSに関してはいたしかたない部分もあるかもしれませんが,ビジネスに直結するMacではそうはいきません。OSの操作性はもちろん,16インチでも話題になったMagic Keyboardを含めたハード面に関しても「安定」が最も優先されるべき事案です。

 しかし…。
 近年のMacはこの「安定性」という部分がどうも落ち着かない…。
 そして,またまたトラブルが報じられています。

f:id:es60:20191207091035j:plain

 

Windows機と比べてトラブルは多いのか?

 記事によると,今回報告されているのは,

①MacBookPro13インチ(2ポートモデル)の電源シャットアウト
②MacBookPro16インチのクリックノイズ

に2点ですね。

 ①の「シャットアウト」は,しゃれにならない重大事案です。もはや製品としての意義すらない最悪の事態。Windowsの創生期でもないのですから,これはいけません。
 しかも,アップル推奨の解決方法が実に笑えます。こちら。

f:id:es60:20191207091608j:plain

 「スリープモードにして8時間以上寝かせる?」
って,昔のパチンコやパチスロの「セット打法」のようなものですか?

 ②の「クリックノイズ」は,現行にモデルチェンジされてから繰り返されてきたトラブルですね。なぜそれが繰り返されてしまうのか,残念で仕方ありません。

 Macのトラブル…
 以前にも本ブログで書いた記憶があるのですが,トラブルがあると今回のように大々的に報じられます。そこで生じるのが,
「そもそもWindows機にはこのようなトラブルが起こっていないのか?」
という疑問です。

 確かにWindows創成期は,トラブルは日常茶飯事で,幾度となく再起動をかけてきましたが,最近はそのような深刻な事態にはあまりお目にかかっていません。私は仕事場でWindows機を触る程度でMac環境に移行してからの実態は疎いのですが,実際のところはどうなんでしょうね❔

 まあ,「ノントラブル」ということはあり得ないと思うのですが…。
 個人的な見解とすれば,
「Windows機はハード製作自体は個別のメーカーが手がけており,不都合があればそのメーカーごとに対処するので,Macのように大ごとになっていないだけなのでは…」
と考えているのですが…。

f:id:es60:20191207095112j:plain

 やはりMacは,OSもデバイスもAppleが独自で手掛けているという世にも奇妙なPCですで,
「すべての責任がAppleにある」
という状況に陥ってしまうのではないでしょうか。

 それとも本当に最近のWindows機は優秀でトラブルが少なく,Macの「一人負け」状態になっているのかな?

 

Macの「毎年更新」は必要か?

 Windows機との立場の違いはさておいて…。

 特に2019年のAppleは,ソフト,ハード両面で意欲的にリニューアルを進めた印象があります。
 しかし,それと同時に,「消化不良のままに世に出された」と感じる部分が散見された年でもありました。

 ことMacに関しては,このことが致命的なんですよねぇ。
 そもそも,Macのリニューアルの間隔が最近めっきり短くなってきました。私は,「欲しいときが買い時」と言われてきたMacにあって,このモデルサイクルが短くなるという傾向はよいことではないと考えます。

 それに加えてデバイスの「不安定さ」が増してしまうのであれば,正に本末転倒!
 ただでさえ「割高」なPCですので,高級感はもちろんのこと,抜群の安定性を期待するのは,ユーザーとして間違った感覚ではないはずです。だとすれば,モデルサイクルを長くしてでも安定したMacを世に出していただきたい…。