カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

「Mac Pro」のベンチマークスコア公開!〜「一般人」がほっとできる結果で何より…〜

Geekbench 5での「Mac Pro」ベンチマークスコア現る!

「ベンツが買える!」
と話題になっている新型「Mac Pro」

 当然その性能には大きな関心が集まっていました。 
 そんな中,ついにGeekbench 5のベンチマークが公開されました。

 なかなか興味深い結果となっています。

f:id:es60:20191218182403j:plain

 

「シングル」と「マルチ」と…

 今回のデータは,Mac Proの中でも,比較的低価格帯(それでも価格オバケですが…)のチップを搭載する機種構成のみのデータ公開となっています。

 まずは早速結果から…。

f:id:es60:20191218182507j:plain

f:id:es60:20191218182511j:plain

 非常に意外な結果と納得のいく結果とに二分されることに…。

 意外な面とすれば,超高価格なチップを搭載しているはずのMac Proですが,こと「シングルスコア」に関しては,既存のiMac,iMac Proの後塵を拝しているということです。

 「Xeon」がマルチに特化したチップだということは分かりますが,それにしても負けますか? iMacに?

 しかし,これが「マルチスコア」になると一変!
 iMac Proを軽く凌駕するスコアをたたき出しています。ある程度は予想していましたが,やはりすごい!
 これ,「28Core」のモデルは一体どうなるんでしょうか?
 こと「マルチ」に関しては,今後数年間は盤石の地位を占めそうな「納得のMac Pro」ですね。

 

「一般人」にとっても救いのMac Pro

 「マルチ」の驚異的なスコアを見ながら,なんだかほっとした自分がいました。

 どういうことかというと,
「やはり一般人はiMacで十分」
と,改めて確信できたからです。

 特に,「シングルスコア」において,iMacの性能が非常に高いということが分かったことが救いです。Mac Proでこなすような映像関連の作業をしないのであれば,iMacのシングルスコアの高さは一般人にとっての「お守り」となります。
 価格の違いを考えたら,Mac Pro,iMac Proを遙かにしのぐ「コスパのよさ」を痛感します。

 さらに…。
 恐らく今後発表されるであろう「10Core/20スレッド」の「Comet Lake-S」が搭載されたなら,マルチ面でも更なる向上が図られ,いよいよお買い得感が高まっていくのではないでしょうか?

f:id:es60:20191218185156j:plain

 個人的な方向性を考えたときに,一眼メラーレス「EOS RP」を購入し,RAW現像などをやる機会が増したとで,Canonの純正現像アプリ「DPP」の遅さが非常にストレスになってきており,ただいま絶賛悩み中です。

 これまでのiMac購入の方向性として,「梅モデル」をベースにメモリとストレージを多少奢る…という考え方できたのですが,現在のストレスを軽減するとすれば,「松モデル」でCPUを奢る方向へと転換する必要があるのでは…と考えているのです。

 その代わり次の購入後はしっかり2年間は継続して使用する…。
 と考えると,やはり,
「Macはある程度の性能のものを購入した方が,結局は得をする…」
ということか…。

 2020年春,来ますかね? 新型iMac?