カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

e☆イヤホンで2019年に一番売れたイヤホンは?〜売上金額,売上個数 強かったのはやっぱりあのメーカー!〜

2019年に売れたイヤホン,ヘッドホンは?

 2019年のイヤホン,ヘッドホン業界は,AppleのAirPods Proで幕を下ろした感じでした。  

 音質に関しては全くもって感心しませんが,iPhoneで使えるノイズキャンセリング機ということで,トドメを刺した印象です。

 しかし,「普段使い」はさておき,私がやはり気になるのは「音質に特化した」イヤホン,ヘッドホン。そうなると,Appleの製品はなかなか評価が難しいデバイスとなります。

 そんな中,日本の中でも「イヤホン,ヘッドホン専門店」として名をはせる「e☆イヤホン」で,2019年の売上ランキングが発表されました。
 しかも,「売上金額」「売上個数」等,なんとも興味深い分類分けまでされています。

 日本中の「音にこだわる」ユーザーたちは,一体どのような機種を選択したのか…。興味ありませんか?

f:id:es60:20200202175009j:plain


 

SONYが強し!

 専門店として,「売上個数」というデータがあるのは強みです。
 安価でコスパが優れたモデルは「個数」としては出るのでしょうが,「金額」となるとある程度金額が嵩む方が強くなるでしょう。

 一体どのあたりの機種で「価格」と「性能」の忖度が起こるのか…。

 まずは売上金額

第1位 SONY WF-1000XM3
第2位 SONY WH-1000XM3
第3位 EMPIRE EARS Legend X Japan Gold
第4位 Jabra Elite Active 65t Copper Blue
第5位 SENNHEISER MOMENTUM True Wireless

 次は売上個数

第1位 TaoTronics TT-BH026
第2位 TaoTronics TT-BH07
第3位 intime(アンティーム) 碧(SORA)-Light
第4位 SONYWF-1000XM3
第5位 SONY WH-1000XM3

 まずもって感じるのは「SONYの強さ」です。
 特に,売上個数において,「TaoTronics」の製品や「碧」は数千円台のコスパを求めるモデルです。当然「数が出てなんぼ」の商品。

 しかし,SONY機は両方とも3万円を挟んだ値付けがされており,一般的な感覚では十分高級機の位置付けです。
 これだけ個数が裁ければ,当然「金額」ではワンツーフィニッシュとなりますね。

f:id:es60:20200202175118j:plain
 ここではっきりとした「2019年」の傾向が読み取れますね。
 ズバリそれは「ノイズキャンセリング」
 ノイキャンを1つの絶対条件とした上で,音響メーカーとしてのSONYの信頼の上に成り立った売上が,この数字を作り上げたということです。

 これだけはっきりと結果が出ると,何だかすがすがしい気分にもなりますね。

 

個人的お薦め「ゼンハイザー」もランクイン

 本ブログでの絶対的お薦めは,イヤホンでは「MOMENTUM True Wireless」,ヘッドホンでは「MOMENTUM Wireless3」です。
 その実力についてはこれまでに幾度となく書いてきましたので,興味のある方は過去記事をご参照ください。

 そして,「MOMENTUM True Wireless」は「金額ランキング」の第5位に,「MOMENTUM Wireless3」も「ワイヤレスヘッドホンランキング」の第4位にランクインしております。

f:id:es60:20200202175259j:plain

 こと音質に関しては,2019年は「ゼンハイザーの底力」を見せつけた1年だったと考えています。
 さあ,2020年は,「MOMENTUM True Wireless」のノイズキャンセリング版を待っていますよ!

 音質そのままで,そこそこのノイキャン性能を携えていたなら,音質重視のユーザーにとっては「待望の逸品」となること間違いなしです。