カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

2021年,ベゼルレスiPad miniが来る?〜2021年のAppleデバイス予想… 新型iMacのディスプレイサイズが気になる〜

2021年は,Appleの今後を占う年

 正に「厄年」となった2020年が終わろうとしています…。

 Appleにしても,新型iPhoneSEの発売が直前で延期になったり,iPhone12の開発が中断したりと,いろいろなことがありました。
 しかし,実に上手にくぐり抜けた…という印象が非常に強いですね。サプライ品の確保に苦労したという影響が,一部製品の製造の遅れに未だに出ている印象を受けますが,全体の流れを止めずにここまで来たことは,評価してもいいのではないかと考えます。

 さあ,間もなく2021年を迎えます。 
 ここまで来ると,
「来年はどんなデバイスで出てくるの?」
と,考えたくもなりますね。

 すでに噂になっていることが殆どなのですが,そんな情報をまとめた記事を見つけました。

 

iPad miniがいよいよミニになる?

 記事では,以下のようなくくりで話を進めています。

f:id:es60:20201220093148j:plain

 まあ,取り立てて特に新しい話題もないのですが,その中でこれまであまり話題に上っていなかったこととすれば,「ベゼルレスiPad mini」でしょうか。

f:id:es60:20201220093308p:plain

 iPad Airに電源ボタンTouch IDが採用されたことで,従来のホームボタンが残っているのは,無印iPadとiPad miniのみということになりました。

 「mini」と言うくらいですから,本来はこの機種,コンパクトさを売りにするモデルのはず。だとすれば,真っ先に「ボタンレス化」を図るべきモデルだったのかもしれません。

 これまでの「Face ID」はコスト的に難しかったのでしょうが,Air4に電源ボタンTouch IDが採用されたことで,コスト面でも「ベゼルレス化」に動き出せる状況が整ったと言えるでしょう。

 来年度に関しては,「ProはFace ID」「非Proは電源ボタンTouch ID」というくくりで来るのではないでしょうか。
 個人的には,Touch IDのメリットが叫ばれている昨今ですので,ProにもTouch IDを付けていただきたいのですが…。現実的には,将来的な「ディスプレイ下埋込み型Touch ID」の普及まで待たなければならないような気がしています。

 「mini」までベゼルレスになるということは,無印iPadもそのうち…という期待も生まれますね。

 

iMacのディスプレイサイズが気になる!

 Macに関しては,従来の噂通り,MacBookProの「14インチ」「16インチ」がApple Silicon搭載で登場する…とされています。
 注目は,M1搭載のPro13インチやAirとの差別化です。
 「M1」の発展型Apple Siliconや,純正のeGPU等,独自の技術でどの程度のパフォーマンスを発揮してくるかが非常に気になりますね。
 その性能ぶりによっては,いよいよ「AppleSilicon Macの天下」がやってこないとも限りません。

 さらに,「性能」意外で以前から気になっているのは,
「27インチiMac後継機のディスプレイサイズ」
です。

 21.5インチモデルの後継が「23〜24インチ」というのは問題ありません。
 しかし,27インチ後継に関しては,
「Pro Display XDRとのヒエラルキー」
という問題があると考えます。

f:id:es60:20201220101746j:plain

 言わずもがな,Pro Display XDRは「32インチ」
 27インチ後継が,「32インチ」になるのか,それともそれ以下で収まるのか…は,Pro Display XDR所有者としては,精神衛生上結構気になるわけです。額も額ですし,この「サイズ感の特権」は,純正ディスプレイにおいては守ってもらいたい…という思いも,正直あります。

 また,そのような感情論を除いて考えるに,「筐体サイズを変えずに」という大義名分があるのであれば,恐らくiMacの「32インチ化」は不可能です。
 実際にiMac27インチからPro Display XDRに置き換えた身としては,10㎝ほど左右にあるスピーカーを横にずらした記憶があります。

 カタログ値で見ると,「65.0㎝」と「71.8㎝」。その差は「6.8㎝」もありました。
 薄型ベゼルになっているPro Display XDRでこの数値です。新型iMacが,Pro Display XDRと同レベルのベゼル厚になったとしても最低「6.8㎝」横に拡大します。ベゼルがより厚くなれば,それこそ10㎝レベルでの拡大となるわけです。

 果たして,Appleがこの「肥大化」を良しとするものでしょうか?
 「21.5インチ→23インチ」程度であれば,現在の筐体サイズでいけるでしょう。しかし,「27インチ→32インチ」という「5インチ」の拡大は,これまでのAppleの「筐体サイズを変えずに」というポリシーからは大きく外れるような気もします。

 よって…。
 感情論を除いても,27インチ後継機のディスプレイサイズは,30インチほどに収まるのではないかと予想します。

 そもそも,今年3月にベゼルレスのiMacデザインが初めてリークされたことの情報を見直すと,27後継のディスプレイサイズは「29〜30インチ」とされていました。

f:id:es60:20201220100927j:plain

f:id:es60:20201220100934j:plain

 まあ,当時の考え方としては,CometLakeを搭載したIntelMacの後継として考えられていたわけですが,それにして,このときのデザインが現在もリーク情報で使用されることが多いわけで,デザインに関しては的を射ている部分もあるのではないでしょうか?

 このデザインの横幅は「67.5㎝」
 今考えると,なかなかいい線を付いています!
 このディスプレイサイズが「29.4インチ」。こちらも絶妙なサイズ感だと感じざるを得ません。

 意外と早期に出てきた情報が「ビンゴ」だった…ということも多いですで,今後の情報を楽しみに待ちたいと思います。