カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPad Pro12.9インチ(2021)の魅力を探る①〜静かなるご対面編〜

f:id:es60:20210521201224p:plain

iPad Pro12.9インチ(2021)到着!

 ついに到着しました!
 iPadPro12.9インチ(2021)。第5世代です。

 2020年モデルへのリニューアルは,2018年モデルとの性能的な違いも殆ど無く,一般的にはあまり評判のよろしくないものでしたが,私にとっては初の「12.9インチiPad」ということで,非常に印象に残った先代モデルでした。

 特にApple Pencilの仕様を伴うようになってからは,この12.9インチモデルの有用性が増したように感じますし,持ち運びを大前提としていない私のような利用法では,やはり「画面の大きさは正義」です。
 恐らく,メインのiPadとしては,今後も12.9インチを利用して行くことになるでしょう。

 さて,肝心の新モデル。
 手にした第一印象としては,「静かなる対面」といったところでしょうか。

 

外観には大きな変化無し… しかし画面は

 まずは外箱とのご対面。

f:id:es60:20210521184133j:plain

 ややくすんだような写真が載った外箱で,MiniLED搭載のディスプレイが売りなのになんで…と感じさせる,落ち着いたデザインを意外に思いながら,いざ本体とのご対面です。

f:id:es60:20210521184717j:plain

f:id:es60:20210521184720j:plain

 2020年モデルとの比較は次回とさせていただきますが,基本的に厚さが若干増した以外は変わらない外観ですので,こちらも思った以上に違いは感じず…。

 では,全く違いを感じなかったかというともちろんそんなことはありません。
 セットアップとデータ移行だけをした到着当日ですが,その中ではっきりと感じたのは,「ディスプレイ」の映りの違いです。

 2台を並べて比較しなくても感じたのが,
「2021年モデルの方が輝度が高く,緑寄りの色合いなのでは…」
ということ。
 明らかに色合いが異なるのです。

 また,同時に感じたのが,
「目への刺激が旧モデルよりも少ないのでは…」
ということ。
 この感覚,iPhoneXSに買い換えた際,それまでの液晶から有機ELに変わった際の感じた第一印象と似ています。iPhoneの場合は「緑寄り」とは感じませんでしたが,液晶に比べて落ち着いて,ギラギラとした刺激が少ないと感じたものです。

 今回の2021年モデルは,注目のMiniLEDを搭載し,「Liquid Retina XDR」と名付けられ,これまでのLiquid Retinaとは明確に区別されています。Mac用の「Pro Display XDR」と同等のコントラスト比,輝度を有するということで,注目されていたわけですが,このMiniLEDの特徴が,今回の「一見しての違い」に繋がっているのかもしれません。

 こちらも,旧モデルとの比較については次回とさせていただきます。

 

Smart Folioは「マラードグリーン」

 そして,2021年モデルのSmart Folioには,「マラードグリーン」を選択しました。

f:id:es60:20210521200022j:plain

 昨年度よりも渋めの色ですが,気に入っています。

f:id:es60:20210521200723j:plain

 さて,次回は肝心要のディスプレイの描写について。
 どれほどの違いがあるものでしょうか?