カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

ん? iPod Touch(第8世代)が今秋登場?〜「第7世代」で最後…じゃなかったの?〜

f:id:es60:20210523103027p:plain

えっ? iPod Touch(第8世代)は存在する?

 Apple Musicのロスレス・ハイレゾ対応が発表され,今後のMobileオーディオの環境が大きく変わっていくことが予想されます。 

 現在Appleが有していないロスレス・ハイレゾ対応の無線用コーデックを開発し,AirPods系への対応を急がなくてはならないでしょうし,今後のAirPods系は,これまで以上に音質を意識したコンセプトにしていかなくてはなりません。
 あるいは,音質特化用のAirPodsを新規で発売するとか…。

 また,イヤホン・ヘッドホン側だけではなく,DAPとしてのiPhoneの音質…ということも考慮に入れる必要性も出てくるでしょう。
 こと「音質」に関しては,ことごとくスルーしてきたAppleですが,自らのサブスクでロスレス・ハイレゾの高音質を謳っておいて,DAP,イヤホン・ヘッドホンともに高音質とはほど遠い…というのではあまりに間が抜けているようも感じますので…。

 そんな中…。
 いきなりiPod Touch(第8世代)の噂が来ています。
 第7世代で打ち切り…という噂もあったのですが…。

f:id:es60:20210523100113j:plain


高音質を意識したモデルになるか?

 記事によると,

iOS開発者のスティーブ・モザー氏がTwitterに、「新型iPod touch(第8世代)が今秋に発売される」との予想を、イメージ画像とともに投稿した

ということです。

 モザー氏は,リーク情報ではないとしながらも,「Appleが2020年11月に行ったApple Musicの宣伝でiPod touchも取り上げていたことを根拠に,新型iPod touch(第8世代)が今秋に発売される」と予想しています。

 デザインはベゼルレスになった今時のものとなっており,これまでの「過去」を引きずったものから大きく変化していますね。

f:id:es60:20210523100543j:plain

f:id:es60:20210523100546j:plain

 iPhoneがここまで世に浸透した中で,果たしてiPod Touchの需要が,新たに新設計してまで存在するのか…というそもそも論はありますが,Touchにこだわる層からすると,今回のビッグチェンジは大歓迎というところでしょう。

 しかし…。
 私の注目点は,「高音質化」という一点に絞られます。

 Apple Musicがロスレス・ハイレゾ対応したことを意識し,新しいiPod Touchが「高音質DAP」として生まれ変わる可能性はないのか…という点。
 現行iPhoneでは,ロスレス対応はしているものの,ハイレゾの音源を聴くためには外部のUSB-DACを噛ませなくてはなりません。

 もし新たなiPod Touchが,DAC内蔵となり,これ一台だけでハイレゾ音源を聴くことができるのであれば,これまでのTouchユーザー以外の需要も見込めるはず。果たしてAppleに,この分野に参入する意欲はあるのでしょうか?

 今回の画像を見ると,答えは「NO」のような気がします。
 本体のデザインは大きく変更されていますが,筐体の薄さは相変わらずで,この中に高音質化を支えるための部品を詰め込むことは不可能に思えます。
 また,本体のこの薄さの中に,現在主流となっている「4.4㎜のバランス端子」を搭載することは不可能です。

f:id:es60:20210523102753j:plain

 ということは,あくまでも3.5㎜のアンバランス端子の搭載しか考慮に入れていないことになります。だとすれば,当然その音質は「ロスレス止まり」となり,これまで以上の音質は考えていない…という予想が成り立ちます。

 当然Appleはオーディオの企業ではないのですが,これだけの体力があるわけですので,やる気になれば実現できそう…と考えてしまいます。
 今後,前向きに考えてくれれば,オーディオ界にもApple旋風が吹いてもおかしく無いと思うのですが…。