カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

Android版Apple Music,beta版が空間オーディオとロスレス再生に対応!

f:id:es60:20210615191401p:plain

来た! Android版Apple Musicのbeta版がロスレス対応!

 いよいよ待望のロスレス/ハイレゾに対応したApple Music。

 しかし,現状では,iPhone,iPad,Macといった,AppleデバイスのApple Musicに特化した対応であり,Android版Apple Musicでは従来のまま…という状況です。

 ポータブル環境でApple Musicのハイレゾ音源を楽しむためには,iPhoneにDACを接続して聴くしかありません。
 先日は,iPhoneで利用できる「Lightning−2.5㎜・4.4㎜」の変換アダプター「AS2000」を紹介しましたが,これだけではせっかくのロスレス/ハイレゾ音源を生かし切れていないようです。もちろん,気軽にある程度の音をバランスケーブルで…ということでは有効ですが。

 しかし…。
 主流とも言えるAndroidOSベースのDAPで利用している「Android版Apple Music」がロスレス/ハイレゾに対応してくれれば,門戸が大きく開かれることになります。

 私は,ゼンハイザーの「IE900」をiBassoの「DX300」で聴いています。現状でも素晴らしい音なのですが,これでAndroid版Apple Musicがハイレゾ対応したならば,きっとIE900の実力を更に引き出してくれる…と大いに期待しています。 

 据え置きのUSB-DAC「UD-505」でロスレス/ハイレゾの音源を聴くと,別次元の音になりますので,きっとDX300の音質も向上するはずです。

 そんな中…。
 ついに具体的な動きがありました。
 ロスレス/ハイレゾに対応する,Android版Apple Music「V3.6」のbeta版が発表されました。

f:id:es60:20210615185636j:plain

 

いつ来るの?

 記事によると,

Apple MusicのAndroid向けベータで,高音質の「ロスレスオーディオ」と、立体音響の「空間オーディオ」が利用可能になった。一般ユーザーも近日中に利用可能になるとみられる

とのことです。

 以前から,Android版Apple Musicの「V3.6」でのロスレス/ハイレゾ対応が噂されていました。

 今回の情報が正しければ,以前の情報通りに,Android版Apple Musicでもハイレゾ/ロスレスの音源を聴くことができるようになりそうです。

 記事内には,beta版アプリの画像もありまして,iOS版同様に,ハイレゾ/ロスレスで聴くのか,AAC/256kbpsで聴くのか等,細かな設定ができるようになっています。

f:id:es60:20210615190231j:plain

f:id:es60:20210615190302j:plain

 ということは,Android版だからといって,iOS版と比較して制約がある…ということはなさそうですね。いやいや,ほっとしています。

 問題は,「いつ来るのか?」ということ。
 アプリレベルにおいては,「beta版」が出てからどのくらいの期間で正式リリースされるものなのでしょうね?

 Appleさん,できるだけ早くお願いします!