カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

iPhone11でも,「MagSafe」は使える! 「Qi規格充電機」としての認識ですが…〜発熱がなければ,これで御の字〜

魅力薄に見えた「iPhone12」だが…

 ついに,「iPhone12」が発表されました。

f:id:es60:20201014182302j:plain

 大方予想通りの進化となっており,筐体のエッジ処理等のデザイン変更はあったものの,その性能的な部分での驚きはさほどありません。

 iPhone11Proを使用している私としては,昨年iPhoneXSから1年で機種変をしたようなときめく思いを感じることができません。

 「5G化」したとはいえ,まずもって日本国内の5G網がまったく整っていませんし,日本仕様のiPhone12は,「ミリ波に対応していない」ようです。
 これでは,現在非常に気に入っているiPhone11Proを,積極的に使い続けたくもなります。

 また,「カメラ性能の進化」が見られる新型ですが,個人的にデジタル一眼の使用頻度が急激に増した…という事情もあり,私にとってカメラ性能が,スマホ買い換えの要因とはならなくなったことも大きいと考えています。

 そんな中…。
 非常に気になるのは,iPhone12というよりも「MagSafe」です。
 これまでも,
「AirPower miniのような機種が開発されているのでは?」
という噂がありましたが,数日前から急速に「MagSafe」の情報が飛び出して生きたような印象です。

 蓋を開けてみると,これまでの「AirPower」の考え方とは完全に異なる充電システムでした。
 よくぞAppleは,「MagSafe」の情報をギリギリまで隠し通してきた…と,感心するばかりです。

「iPhone12シリーズ専用か?」
とも思われていたこの「MagSafe」ですが,iPhone8以上のワイヤレス充電対応iPhoneでも使用できるようです!

f:id:es60:20201014183406j:plain


従来の「Qi充電マット」として…

 はっきりしなくて,なかなか分かりづらい部分でしたが,この記事によると,

〇磁石を内蔵したiPhone12シリーズでは,所謂"MagSafe充電器"として使用することで,15Wの急速充電に対応

〇しかし,「MagSafe」はQi充電器としての互換性もあり,iPhone8移行のiPhoneでも,充電は可能となる(15Wの充電はできない)

ということです。

 恐らくは,iPhone12の背面に配置された円形の磁石と「MagSafe」がぴったりと貼り付くことで,最も効率よく充電できる場所に固定することができる…ということなのでしょう。

 iPhone12シリーズ以外では,この「充電の場所」がズレるため,「15Wの充電を保証できない」のでしょうね。
 それでは「7.5W 」は保証してくれるの?…という疑問も湧きますが,こればかりは試してみなければ分からないでしょう。

 この時点で,ほっと胸をなで下ろしました。
 私のiPhone11Proでも,この「MagSafe」が使用できることが確約されたからです。

f:id:es60:20201014184140j:plain

「MagSafe」が使用可能なデバイス

 残念ながら,「Air Power」のように,「MagSafe」だけではApple Watchの充電はできないようです。
 Watchに関しては,今後発売される「Duo」を待つしか無いのですが,こちらはフラットな面におくような「Air Power」タイプではなく,サードパーティー製でも見かけるようなWatch専用の充電器が付属するタイプで,非常に残念です。

f:id:es60:20201014185138j:plain

 

「発熱」は押さえられるのか?

 「MagSafe」,買います。

 注目ポイントは,本ブログで再三話題にしてきた「発熱問題」が解決されるのか…ということのみ。はっきり言って,急速充電のスピードには興味がありません。どうせ就寝時に充電しますので…。

 これまでの経験から,どんなQi充電マットでも,デバイスが満充電に成った後でも電流が流れ続け,結果としてデバイスの温度が下がらない…という現象が解決されませんでした。 

 期待するのは,
「Apple純正のMagSafeであれば,満充電後のマットの発熱をストップさせてくれるのではないか…」
という点です。

 もしこの点がクリアになれば,初めて安心してLightningケーブルとさよならできます。
 最悪なのは,
「iPhone12でのMagSafe充電では発熱しないが,それ以外のQi充電規格での充電では発熱が起きる」
という結果に陥ることです。

 それだけは避けていただきたい!

★追記★