カスタム/CUSTOM/でいこう😎

50おやじが,お気に入りについて気ままにつぶやくページです。

DALI「Minuet SE」で幸せになりたい!【Part2】〜「Minuet SE + UD-505 + AX-505 + Mac Pro」セッティング編〜

f:id:es60:20210226185646p:plain 「Minuet SE」 「  AX-505」到着!

 前回は,ヘッドホンとの相性や限界を感じたことにより,スピーカーによる高音質化を狙うことにした経緯をご説明しました。
 その中でお伝えしたとおり,前回購入していたUSB DACであるTEAC「UD-505」に,新たに購入するプリメインアンプ「TEAC AX-505」とスピーカー「DALI Minuet SE」とを組み合わせるPCオーディオシステムを構築しようというもくろみです。 

 そして…。
 到着しました!

 「Minuet SE」と 「  AX-505」!

f:id:es60:20210221144844j:plain

 

TEAC2機種のマッチングとMinuet SEの優雅さが半端ない!

 まずはプリメインアンプであるTEAC「AX-505 」
 ちょうどUSB DACである「UD-505」と同サイズ,そして統一性のあるデザインとなっており,2段重ねにした際のマッチング感が半端ありません。

f:id:es60:20210226180832j:plain

 また,「AX-505 」の左右のレベルメーターがアナログというのもいい味を出しています。
  実際にスピーカーを接続して音出しをすると,上の画像のようにアナログの針が揺れ,一昔前の「ステレオ」の雰囲気を醸し出します。
 しかし,出てくる音は全く現代的で…。音質については次回ご紹介いたします。

 そしてなんといっても今回の主役,DALI「Minuet SE」
 ヘッドホンの音に違和感を感じての「スピーカー」ですので,今回のシステムの「全て」を握っているともいえる「期待の星」です。

 開封して驚いたのは,そのコンパクトな筐体です。
 これまで使用してきたYAMAHA「NX-N500」と比較すると以下のように…。

f:id:es60:20210226181521j:plain

「こんなに小さいの?」
というほどのコンパクトさです。

 そして…。
 その外観で目を引くのが,木目の入った外装です。
 いや〜,美しい。
 これだけを見ていると,スピーカーというよりも高級な「家具」のような雰囲気。造りも丁寧で圧倒されました。

f:id:es60:20210226182118j:plain

 私は以前に英国製のスピーカーを使っていたことがありましたが,正直造りは…という部分もありましたので,北欧デンマークの心意気に感動しました。

 まあ,いくらデザインが美しくても音質次第…ということです。こちらも次回のお楽しみ。

 早速接続し,Pro Display XDRの横にセッティングしてみました。(デスク上,雑然としていてすみません)

f:id:es60:20210226182103j:plain

 本来であれば,中央にディスプレイなど置かずに使用したいほどの質感を感じさせる「Minuet SE」。
 もちろん音質的にもその方がいいことは分かりますが,書斎後方には「SONOS One + Home Pod」という,サラウンド的にゆったり聴きたいときのシステムが鎮座しておりますし(こちらの記事を参照),「Minuet SE」は最高の音質を楽しむときだけではなく,動画等の出力用としても活用していく予定ですので,このセッティングで行きたいと思います。
 土台代わりのレンガは,「Minuet SE」のコンパクトさを考えると,もう一段重ねた方がよさそうですので,後ほど買い足したいと思います。

 

仰々しいケーブルが高音質の期待をあおる!

 前回の「AH-D9200」関連のレビューでも書きましたが,Mac ProとUD-505とを接続するUSBケーブルには,AIMELE AIM SHIELDIOシリーズ オーディオUSBケーブル「UA3-R015」を奢っています。当然これはそのまま継続利用。

 そして,新たに,USB-DACとプリメインアンプとを接続する「RCAケーブル」,プリメインアンプとスピーカーとを接続する「スピーカーケーブル」を購入しました。
 これらは,Amazonで売られている普及価格帯のものよりもほんのちょっと高価なものを…という選択で,それほど高級なものではありません。

 DACとアンプの背面はこんな感じに…。

f:id:es60:20210226183306j:plain

 ケーブルが結構太く,かなり仰々しい感じになっております。
 そして,私がこの手のオーディオから目を離している隙に,スピーカー端子に「バナナプラグ」なるものが対応していて,びっくりしました。

f:id:es60:20210226183442j:plain

 確かにこれであれば,内部の導線を端子に巻き付けたりする手間もありませんし,音質不良を引き起こす心配がありませんね。
 当然「Minuet SE」のコネクタもバナナ端子対応となっております。
 「SE」モデルは,このターミナル部分の構成も 普及機とは異なる上位版となっているとのことです。

f:id:es60:20210226183707j:plain

 筐体が小さいだけに,巨大なターミナルが非常に目立ちます。
 しかし,接続は非常に楽です!

 さあ,セッティングは終了しました。
 後は肝心の音質だけです。

 次回,今回の組み合わせで「幸せになれる」のか?
 その答えのおおよそが判明することでしょう。

 「取って出しの音質編」をお楽しみに。